« キョロ缶 | トップページ | ALOS »

2006年3月15日 (水)

エキノコックスは大丈夫か?子ぎつねヘレン

毒電波TVさん。
テレビや映画などに関することを(好きであるがゆえに)けちょんけちょんにけなすのが上手な方(たまに褒めることもします^^;)のブログで、ちょこちょことチェックしています。端的に言えばファンです^^;

で、ここで見ました「子ぎつねヘレン」の批評。
http://ameblo.jp/poisontv/entry-10009064665.html

確かにこの映画は酷いねー
まあ、なんと言っても北海道でキツネといえばエキノコックス
北海道に興味のあるツーリングライダーならば多くの方がご存知でしょう。

エキノコックスについて知らない方のためにちょっと書いておきますと、主に北海道のキタキツネによって媒介される病気で、10年ほどの潜伏期間の後、肝臓障害で死ぬこともある恐ろしい病気です。最近は飼い犬への感染も報告されており問題になっております。エキノコックスについて詳しく知りたい方はこちらで。

映画に感化され野生のキツネを触ったり餌付けするようなおバカさんが増えないよう、大人の教養とモラルが試される映画ですね。しかし本来ならば、今の崩壊した世の中のモラルにかけるような危険な行為は行わず、映画の冒頭にエキノコックスの危険性を流すべきでしょうけどね。
しないだろうけど

それにこの子ぎつね、目が見えず耳も聞こえないのでヘレンケラーから取って「ヘレン」って命名ですって。毒電波さんのご指摘のとおり(ちょっとアレンジ)、『じゃあ、手足が無いキツネだったら命名「乙●(自粛)」でOKか?』ってことですよ。すでにモラルの面でもダメダメな映画ですわ。この映画の製作者がその程度の感覚だから、大きく批判されない限りエキノコックスの危険性を映画の冒頭に流すようなことはしないだろうと想像したわけです。

|

« キョロ缶 | トップページ | ALOS »

コメント

映画にエキノコックスのくだりはでてくるみたいっすよ~

投稿: とおりすがり | 2006年3月17日 (金) 21時50分

検査するくだりですね。
以下毒電波さんから「激しく同意」の意味で無断引用<(_ _)>

>原作は獣医が主人公ですから、その辺のことは熟知してたんでしょうけど。
>一応映画本編でも、少年がヘレンを拾ってきたのを見て
>まず大沢たかおが検査はするんですけどね。
>そんなこと、子供は覚えてやしないでしょうし。

そんなこと、大人も覚えているか怪しいですが。。。

投稿: さみ~ | 2006年3月18日 (土) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139309/9098652

この記事へのトラックバック一覧です: エキノコックスは大丈夫か?子ぎつねヘレン:

» 子ぎつねヘレン [へ~きょくタイショーの「熊本はよかとこですたい!」日記]
私は普段映画は全くと言っていいほど見ないのだが、ある人に勧められたので見に行こう [続きを読む]

受信: 2006年3月26日 (日) 23時50分

« キョロ缶 | トップページ | ALOS »