« H-2Aロケット10号機打ち上げ成功おめでとう! | トップページ | 観測点がポツポツと消えて行く恐怖【台風】 »

2006年9月14日 (木)

台風13号(サンサン)

T0613_091409 台風13号(サンサン)は「強い」勢力を維持したまま北東進し、連休をぶっ壊しそうだ。

島の住人として最も気になることは、船がどれくらいの間欠航するかだ。生鮮食料品がスーパーの棚から消えることになる。電力事情の悪い屋久島としては、台風直撃の場合、長時間の停電も避けられない。

口永良部島はすでにフェリー太陽(またの名を欠航丸^^;)の欠航が決まり、早くも長期戦の構えとなった。

Ir20060914180000 *新しい台風情報は気象庁で見てね。

 *左の図の最新版はここで(気象庁へ)見ましょう。
 (「拡大」と「カラー」をクリックしないと白黒で小さな画面のままです。)

 *ちなみに次の台風14号が発生したら、名前はヤギ
 (台風の名前の付け方は こちら(気象庁へ))

 *「欠航丸」はジョークです。念のため^^;

@@@@@ 9月15日追記 @@@@@

Ir20060915200000 今日になって目がはっきりしてきた「サンサン」。「強い」台風が「非常に強い」台風に格上げになってしまった。

比較的コンパクトにまとまった台風なので、中心からの距離が重要な要素になるだろう。非常に強い台風でありながら暴風域が小さく、一方で予報円がでっかいのは厄介なのだが、最悪の事態に備えるのが防災(減災)のツボなのだ。予想進路上のみなさんは、備えは万全でしょうか?

さてさて、明日は泊まり勤務で台風のお守りだ。ヘタすると次の日も泊まる事になる。早く通り過ぎる事を願う。

 *台風の「強さ」と「大きさ」の区分はこちら(気象庁へ)

@@@@@ 9月16日追記 @@@@@

06091603_1 折田汽船のフェリー屋久島2は欠航決定。フェリーハイビスカスは来ているようだ。

台風の北上に伴い、前線も九州北岸まで押し上げられ、九州南部の本日の天候は一時的に回復。

西表島付近を通過した台風により西表島では923.8hPaを記録、このため中心気圧が925hPaに修正されたのかなぁ?

 *全国の最新気象ナマデータはこちら(気象庁へ)

では、台風のお守りに行ってきます。

@@@@@ 9月17日追記 @@@@@

060917_1 写真は朝6時の空港。

屋久島では(屋久島だけでないが)島への交通路はすべて遮断。文字通り孤島となる。空港は早くから全便欠航を決め、屋久島空港ビル(平屋のビル?^^;)は正午で営業を打ち切り。昨日確認した時は島から出る便はほぼ満席状態だったが、それだけの人が島の中に取り残されたことになる。

060907_2 この写真は11時頃の自宅から見た海。

屋久島は暴風域がぎりぎりかすめる程度ですみそう。この程度の影響ならば屋久島では大停電や災害の心配は今のところ無さそうだが、九州への直撃は避けられそうにない。

似た台風に平成3年の通称「リンゴ台風」の例が良くテレビで流れているが、不知火に高潮の大被害を起こした平成11年18号台風も思い出す。

 *釣りのサイトだけど潮の満ち引きはコレ(釣りの窓口)が便利。

 *忘れちゃいけない台風のアーカイブサイト(デジタル台風)

|

« H-2Aロケット10号機打ち上げ成功おめでとう! | トップページ | 観測点がポツポツと消えて行く恐怖【台風】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風13号(サンサン):

« H-2Aロケット10号機打ち上げ成功おめでとう! | トップページ | 観測点がポツポツと消えて行く恐怖【台風】 »